プレスリリース

2020.11.11

伊豆の冬の風物詩 『元祖カピバラの露天風呂』スタート Youtube「伊豆シャボテン動物公園グループ」 特別ver解禁

伊豆の冬の風物詩

『元祖カピバラの露天風呂』スタート

Youtube「伊豆シャボテン動物公園グループ」 特別ver解禁

 

伊豆シャボテン動物公園では2020年11月21日(土)~2021年4月4日(日)まで、「元祖カピバラの露天風呂」を開催いたします。イベント期間中、平日は13時30分からの1日1回、土曜・日曜・祝日と、冬休みおよび春休みの期間(※別紙参照)には10時30分からと13時30分からの1日2回、カピバラたちが露天風呂に入ります。

 

 

伊豆シャボテン動物公園グループ 『YOUTUBE』 解禁

カピバラの露天風呂特別編

前代未聞!? 全集中!お湯の呼吸


 

期 間 2020年11月21日(土)~2021年4月4日(日)
時 間 平日は1日1回開催 ①13時30分~14時30分まで
土日祝、2020.12/19(土)~2021.1/5(火)、

3/20(土)~4/4(日))は、1日2回開催

①10時30分~11時30分まで

②13時30分~14時30分まで

 「元祖カピバラの露天風呂」風呂開き

2020.11/21(土)~23(月・祝) 10:30~

13:30~

鬼ゆずの湯 インパクト大!巨大なゆず「鬼ゆず」を入れたお風呂

※イベントの内容・スケジュールなどは動物の体調や天候等により、変更・中止となる場合があります。

—————————————————————————————————————————

元祖カピバラ露天風呂 ヒストリー

—————————————————————————————————————————

当園では、1966年からカピバラの飼育を始めました。54年前の当時は国内ではまだとても珍しい動物でした。

1982年の冬、飼育スタッフがお湯を使ってカピバラの展示場を掃除していたところ、湯だまりに足や尻を浸けてくつろぐカピバラたちの姿に気づき、偶然に風呂好きなことを発見しました。以来38年間、毎年「カピバラの露天風呂」を開催し、現在では“伊豆の冬の風物詩”として多くの人々に親しまれています。

毎年冬至の時期に開催する「カピバラのゆず湯」は、今から24年前の1996年の子年からスタートしました。

—————————————————————————————————————————

カピバラ露天風呂のカピバラファミリー

—————————————————————————————————————————

トリュフ

ゆや

ゆげ

ふたまる

ポル

チーニ

2017.9.27生

2019.5.22生

2019.5.22生

2020. 3. 7生

2020.5.31生

2020.5.31生

メス

メス

メス

オス

メス

メス

体長約90cm

体長約70cm

体長約60cm

体長約65cm

体長約55cm

体長約55cm

体重45kg

体重35kg

体重29kg

体重18kg

体重13kg

体重13kg

「カピバラの露天風呂」展示場に新たな家族が。「トリュフ」以外は露天風呂初体験!

DATA

【英 名】 Capybara

【学 名】 Hydrochoerus hydrochaeris

【分 類】 齧歯目(げっしもく)テンジクネズミ科

【分 布】 南米アンデス山脈の東側、水辺近くの茂みや林に生息

【形 態】 齧歯類(ネズミの仲間)の中で最も大きく、体長100cm~130cm、体重50kgになる。

【生 態】 体は頑丈で長くて荒い毛がまばらに生えています。20~30頭の群れで水辺近くの草原に住み、泳ぎや潜水が得意で四肢の指に小さな水かきがあり、尾はほとんどありません。食性は草食性で、当園ではキャベツ・さつまいも・にんじん・りんご・青草・乾草・草食動物用固形飼料などを与えています。妊娠期間は約5ヶ月、一度の出産で1~8頭が生まれます。


—————————————————————————————————————————

元祖カピバラ露天風呂ご観覧について

—————————————————————————————————————————

■ 「元祖カピバラの露天風呂」をご観覧いただく際は、必ずマスクをご着用下さい。

■ 隣のお客様との間隔を充分に確保してください。

■ カピバラは入浴し始めてから1時間は湯舟につかっていることがあります。入浴直後

よりも、後でゆっくりと空いている時間にご覧いただいたほうが混雑を避けられます。

■ 大きな声を上げないように気を付けましょう。

■ カピバラたちのナイスショットが撮れたら、次の方に場所を譲ってあげましょう。